婚活はお客さん気分ではなく、新米の営業マンでお相手はお客様(お得意様)

すでにご成婚している元会員の女性から活動を振り返ってこんなメールが届きました。

入会すると、お金を払ってるので「お客さん気分」で最初から受け身の会員さんが多いようですが、
お客さんではなく真逆で、「自分は新米の営業マンで、お相手がお客様(お得意様)」という気持ちで臨まないと。
優秀な営業マンは、どんなタイプのお客様とも人間関係をうまく築いて信頼を勝ち取って契約をとっている。たとえ相手が気難しくても全く話さない人でも。
お見合いは大切な最初の商談の場で、連絡先交換は契約成立と考えれば。
そう考えれば、優秀な営業マンと契約取れない営業マンの差が、婚活ですぐにうまくいく人と、なかなかうまくいかず悪循環な人との差なのかなと思いました。
婚活は今や競争、営業と一緒、自分が契約を勝ち取るか人に取られるか。受け身では人に取られて負けてしまう。
男女比を考えても、女性は競争に勝たないと成婚が難しい時代。トップの営業マンを目指す位の意気込みと覚悟がないと。
そして、中堅客との契約を重ねてから、大手(本命)の契約が決まるもの。
なのでたとえ相手が本命でなくても、お見合いの場は凄く大切で、お相手から「お付き合いしたいと言ってもらう」(契約成立)が大切。

内容は他にも書かれていたのですが、私もこれを読んだ時、あまりにも的を得た内容がわかりやすく書かれていて、私も衝撃で胸がズキュンとなるような内容でした。

これから何かしらうまくまとめて、広く皆さんに知って欲しいなと思っている内容なのですが、

ほんと今の婚活は女性が厳しい時代で、女性はみんなこのくらいの意気込みじゃないと難しい時代なんです。

もし、

「自分がタイプでない人なら別にどう思われてもいいんです」

というような発想(スタンス)だとしたら、うまくいかないのです。

自分がお相手をどう思うか?よりも、

お見合いした人全員から「また会いたい!」と思われるようにできるかどうか?
そのための努力ができるかどうか?

昨今の婚活ではここがすごく大事です。

元会員の方のメールの内容にも書かれているように、
婚活は、自分は新米営業マンでお見合い相手は、お客様(お得意様)

そして、

優秀な営業マンは、どんなタイプのお客様とも人間関係をうまく築いて信頼を勝ち取って契約をとっている。たとえ相手が気難しくても全く話さない人でも。
お見合いは大切な最初の商談の場で、連絡先交換は契約成立と考えれば。

これはちょっとした発想の転換でもあり、

自分がお客さんという感覚でなくて新米の営業マンという感覚であれば、うまくいかない事があっても気持ちが追い込められず活動出来るのかと。

婚活は、新しい出会いや新しい可能性を考えられる活動で、本来ならもっと楽しくワクワクしてていいと思います。
婚活が難しいと思っている方、辛いと思っている方、ストレスを感じている方はちょっと発想の転換もしていきませんか?

婚活相談はお気軽に!

Follow me!